スマホの時代

メモ

現代社会では、パソコンを使ってオフィス文書の作成や電子メールの送受信や動画の視聴や各種コンテンツの作成などが行える環境が整っています。しかし、最近では、スマートフォンやタブレット端末が広く浸透しましたので、アプリと呼ばれる小さなソフトウェア群でパソコンで行っていた大部分のことを行えるようになっています。 アプリ開発会社では、様々なジャンルのソフトウェアを開発しており、現在の取り組みとトレンドとしてはソーシャルゲームやオンラインゲームを中心に開発していることです。スマートフォンのOSメーカーからは開発者向けに開発ツールを配布していますが、これだけではなく、ソーシャルゲームの作るのに適したツールを導入して効率良く作られています。

スマートフォン向けのアプリを作るには、SDKの導入やIDEの導入が欠かせません。アプリストアでソフトウェアを販売したり、公開したりする場合には、ストアとの契約も必要になってきます。 一方で、アプリを使う場合には、ストアで購入をすることが出来ます。また、ストアを使わずにアプリを開発者のサイトで公開していることもありますので、サイトからダウンロードをしてインストールすることも可能です。 企業が業者に依頼して、キャンペーンや業務専用にアプリを開発することも可能です。アプリの種類には色々とありますが、地図ソフトのようにGPSを使ってルート検索を行えたり、端末をかざすだけで電子決済が出来る機能などを作ることで高機能なサービスを展開出来ます。