開発をするメリット

手

スマートフォンアプリ開発はこれまではEcliseのIDEを使用しJava言語で開発することが通常とされていました。Java言語を使用した開発はそれまでの業務の延長上として開発することは出来るため、Java経験者にとってはそれほど敷居は高く感じずにはじめることが出来ました、しかしここ最近でAndroiid Studioという開発IDEが頭角を表し、スマートフォンアプリ開発を行う上での開発環境のシェアと広げ始めています。Android StudioはScala言語を使用し開発を行います。Scala言語の特徴は関数型言語に分類されJava言語等に比べるとコーディング量が少なくすむことや、作成する関数を細かく分けて作りつなげたり合成しながら作るんためシンプルな作りとなることがメリットとして挙げられます。

スマートフォンアプリ開発を行う上で開発環境は悩むべき問題です。Eclipseは各種ライブラリの提供の数や動作させる上での処理速度について優位と思われます。Android Studioは開発言語上のメリットやエディタの使いやすさ、エディタがテキストモードでも動作するリアルタイムプレビュー、またプロジェクト設定がGrandle依存のため各種ファイルパスの設定などが分かりやすく管理できるため開発環境としてAndroid Atudioを選択する開発者は増えていくと思われます。動作的な安定性はこれから期待する部分も多く更新もかなり多いですが、スマートフォンアプリ開発で選択肢が増えたことは喜ばしいことであり、更なる発展が期待されます。